ブログ

出会いはどこに

「出会いってどこに転がってるんだろう…」と考えたとき、SNSはどうですか?

SNSといえば、知人や友人とつながったり、「初めまして」の人と出会ったり。テキストや写真・動画など、さまざまな方法で情報発信とコミュニケーションが可能。特に最近の若い世代にとっては、「新たな出会いはSNSで」という流れが生まれているようです。

20~29歳、40~49歳の独身男女2,400人への調査によると、「SNSを使っている」人の割合は、20代93.5%、40代74.5%となりました。

また、最も使われているのは「LINE」92.6%(40代は79.5%)。そして「Twitter」73.6%(同57.1%)、「Instagram」51.5%(同34.7%)と続きました。 では、このSNS。

何のために使っているのかというと、「情報の収集」「友人・知人・家族との連絡や交流」が半数以上をマークして1位と2位に。7位8位には「友人・人脈づくり」19.2%(40代は10.6%)、「恋愛を目的とした出会い探し」4.1%(同2.7%)という「出会い」目的な回答も少なからず存在しており、特に若い世代にとってのSNSは、コミュニケーションツールという役割に加え、コミュニケーション“開拓”ツールとしても意味を持っていることが分かりました。

「SNSを使いたくても、使う相手がいない」なんていう心配はご無用なのかも。これからの新しい出会いは、SNSから始まっていくのかも?

投稿者プロフィール

店舗スタッフの田中さん
店舗スタッフの田中さん
占いミザリーの店舗スタッフです。
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
お客様の声を始め、20代〜30代の恋愛などを中心に一言書いています。