ブログ

スタッフブログ記事になります。

【新型コロナ影響】確実な転職と仕事とは

ブログ

コロナの影響による転職と仕事

コロナの影響のない確実な転職と仕事の考え方についてです。

仕事のご相談は、季節を問わずとても多いご相談の一つですが、コロナウイルスの影響で最近特に多いのが、転職や仕事に関するご相談です。

紫微斗数では、もって生まれた財運はもちろんのこと、仕事の適性とあわせ、お金の最終的な行き先を重視します。お金の行き先とは、お金が最後、誰のものになるのかということ。

仕事は稼いだお金の行き先による

例えば、もともと稼ぐ力があっても、お金の最終的な行き先が他人の場合、独立・起業は不向きという判断になります。稼いで得たご自分のお金が最終的に自分のものにならないのであれば、起業は向いていないということです。

仮に、サラリーマンであれば、働いたことで、会社にお金が入ります。そして会社からお給料が支払われる…。つまり、お金の行き先が他人であっても良いという判断となり、その方はサラリーマンに向くということになります。

お金の流れは人生の時期によって変化
さらに、このお金の行き先は、人生の時期によって変わります。時期(10年を一区切りとして見ることもあります)を見て、職種を変える方も紫微斗数の本場台湾では少なくありません。

今は起業して、次の10年はサラリーマンとして働く…。などなど、仕事を固定化しないのです。

先行き不透明な将来に不安の対処
今、日本をはじめ世界中の人々は、コロナウイルスの流行に伴う経済の低迷など、先の見えない不安に押しつぶされそうになっています。

こんな時には、技術を身につけたスぺシャリストであっても、今までずっとやってきた仕事でも、一時的に職種を変えて過ごすのも、全く問題ないのです。時期によって、時代にあわせて、柔軟に対処していくのです。

確実な転職と仕事探しは「価値観」を変えることが重要
コロナウイルスと戦う時期を経て、コロナ終息後の世界は、今とは求められるものも変わってきます。じわじわとですが、既に私たちの価値観も変わり始めています。

仕事は、どこでやってもいい。
そして、どんどん変えていっていい。
生涯、固定でなくていい。
一つだけに決めなくていい。

今までも変わりつつあった価値観は、加速度的に変わるでしょう。もしかしたら、去年までの生活と全く同じには全ては戻らないかもしれません。それくらい、大きな変化が起こりつつあるのです。

いつの時代も人類は変化しなければならない
イギリスの生物学者チャールズ・ダーウィンは「進化論」の中でこう言っています。

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一、生き残ることができるのは、変化できる者である。

このウイルスの蔓延は、新しい時代に変わる前の一つのハードルです。ハードルは超えるために存在します。

だから、乗り越えていく。

しかし今は、コロナと共存していくと言った方が良いかもしれません。終息には年単位で時間がかかるからです。

皆さまも、くれぐれもお体に気を付けて。先ずは、何としてもこのハードルと共存し、そして乗り越えていきましょう!

そして、進化していく。

変化を恐れずに、自分を信じて、進化していきましょう!

関連記事