ブログ

スタッフブログ記事になります。

【不倫 やめたい】東出昌大と唐田えりかの不倫騒動

タロット

連日、有名人の不倫について報道がされています。

最近は俳優の東出昌大さんと若手清純派女優の唐田えりかさんの不倫関係が話題となっています。女優の杏さんとは別居中でその原因が不倫関係にあると言うことです。

俳優の東出さんからの謝罪分には批判が殺到し、女優の唐田さんにも非難轟々、復帰も難しいのではとも言われています。

そんなに大騒ぎする内容でしょうか。
また、不倫って人格否定までする酷いことでしょうか。

それが当人の間柄に近い人ならともかく、テレビの向こうの赤の他人になぜ糾弾されなければならないのでしょうか。

はっきり言って「余計なお世話です。」
人の干渉する前に自身のこと、あるいは将来について考えた方がよほど生産的です。

不倫を擁護する訳ではなく、相手に傷つけてしまう婚姻関係においてけして許されるものではないと思います。

しかし、あくまでも二人の問題です。または、そのご家族の問題であり、私たち第三者が物申す内容ではありません。
それが「余計なお世話」と言うものです。

「好きになること」は人間として自然
男女関係は日々の出会いの中で、気持ちが変わる時があると思います。それは、誰しもあることで、それが人間として自然だと思います。

その延長線にあるのが、不倫、浮気ですが、その先に言ってしまったのなら仕方ないことです。

もし、そのようになった場合、周りから非難されるかもしれませんが、あくまでも最後の責任をとるのは、事を犯してしまった自分となります。
周りは好き放題言うだけで、責任については知らんぷりです。

そこで、責任をとるとは重い感じがしますが、超シンプルです。

それは、

「法に従って所定の事務処理をする」

たったこれだけです。
話し合いに時間やお金がかかると思われがちですが、事務処理が難しければ、専門の方に丸投げするだけでOKです。

「好き」の感情は、当人にしかわからないこと。
それに人を好きになることは、内容はどうであれ、まずは素晴らしいことです。
恋愛はしたいときにできるものではありません。

ただ、結婚、恋人がいる場合、相手もいることですから、相手への配慮は大切です。
絶対に傷をつけてはいけません。

・不倫または浮気の場合、相手には絶対に知られてはだめ

・万が一ばれてしまった場合は、相手にしっかりと謝罪をする

・最後は法に従って手続きをする

最後に繰り返しますが、不倫は肯定しませんが否定もしません。

だけど、誰でもその時はあるはずです。
その時はお話にいらしてください。

どのような状況であっても、私たち占いミザリーは、あなたの味方です。

関連記事