ブログBlog

26歳女性が抱える悩みと前向きになる方法とは

ブログアイキャッチ2254

26歳女性の悩みとは?

26歳女性は難しい年齢です。「若い」「アラサー」「まだ新人」「もう大人」といったさまざまなワードが1番出てくる年代で、ちょうど「女子」から「女性」に変化していくときです。

職場では後輩が増えて業務を教える立場になったり、中にはより責任ある仕事を任されるようになる人もいますよね。しかしその割に世間一般では「華の20代」「いいね若くて」のようにまだまだ青いと言われててしまうのが26歳あたりです。
大人なのにまだ大人と認識されない微妙な年代である、26歳女性特有の悩みあるあるとその解決方法について、詳しく解説していきます。

この仕事でいいのか不安

大学卒業して新卒で入社した人は社会人4年目になります。入社したての頃は社会人として色々なことを学び、失敗し、覚えていかなくてはいけないため、よそ見をする余裕などなかったのではないでしょうか。
しかしそこから3年も経てばある程度のことはこなせるようになり、余裕も生まれるため日々同じルーティーンに飽きを感じ始めてしまいます。

仕事の合間にふと「私はこの仕事を続けていいのかな」と不安に感じたりと、20代後半はクォーターライフクライシスという一種の人生の低迷期のような経験をする人が多いようです。

なかなか相談できない

学校を卒業してしばらく経ち、学生の頃仲の良かった友人とは社会人になって疎遠になってしまったという人も多いです。同じ学校で共に学んだ環境とは違い、職場環境や生活環境がそれぞれ変化したため、今のあなたが抱える悩みを理解してもらえないのではないかと不安になるのです。
だからといって職場の人に仕事のことについての悩みも、その人と距離が近すぎてなかなか打ち明けられず、結果誰にも相談できないと悩んでしまうのです。

老いに対する焦りがある

26歳=20代である以上はまだまだ若いです。しかし「アラサー」という言葉も聞こえ始めるようになるため、なんとなく「もうすぐ30になるのか…」と焦りを感じてしまうのです。
気持ち的にも社会的にも「大人でなくては」という土台がしっかりと形成されていく時期で、その影響で「若い女子」としてはもう見られないのだという残念に思う気持ちが、より30歳になることへの恐怖を引き立ててしまうのです。

26歳として楽しく過ごしていくには?

26歳として楽しく過ごしていくには?

目標を決める

1月に新しい年を迎えるとき、今年の目標を決めたりしませんか?もちろん1年の目標も良いのですが、ここでは小さな目標を設定することをおすすめします。
たとえば「今週末は部屋の掃除をする」「土曜日はゆっくりお風呂に入って自分磨きをする」というような小さな目標を細かく設けてみましょう。
大きな目標一つを何年もかけて達成するのではなく、小さな目標を一つ一つ達成していく喜びを感じることで、自己肯定感が高まります。
「今週は毎日10000万歩歩くぞ!」などでも良いでしょう。何か自信につながるような日々のルーティーンを目標にし継続していくことで、ポジティブなあなたになれるはずです。

資格の勉強をしてみる

仕事に飽きを感じ始めたら、自身の今後のスキルアップのためにも資格の勉強をしてみてはいかがでしょうか。あなたが普段行っている業務の延長線にある資格や、趣味としての資格でもまずは比較的取りやすい資格からチャレンジすることをおすすめします。
もし取ろうとしている資格が仕事でも活かせるものであれば、今後転職を考えるときにも有効ですし、今の職場での給与アップにつながるかもしれません。
何か今後の自分の武器になるような資格があれば、自信にもつながります。資格は取って終わりではなく、ずっとあなたの武器になってくれる最強アイテムです。
持っていればメリットもたくさんあるのでぜひ積極的に検討してみてください。

おすすめの資格はFP(ファイナンシャルプランニング技能士)、簿記三級、カラーコーディネーターなどが良いでしょう。ある程度しっかり学習すれば取れる資格です。
他にもTOEICなどもさまざまな仕事で活かすことができるためおすすめです。

趣味を見つけてみる

もしプライベートの時間に何もすることがないという人は、趣味を見つけてみましょう。
たとえば、本を読んでみる、ジムや英会話教室に通うなど、自身のスキルアップができるような新しい趣味を取り入れてみましょう。
本を読むとしても、ビジネス書やノンフィクションなどの知見を広げるためのものもおすすめです。時事やマーケット情報、歴史などに詳しくなるとより大人の女性として一目置かれる存在になれるはずです。

ジムや英会話なども健康になれたり、そして違う言語を話す人とのコミュニケーションが取れるようになったりと、必ず将来に活かされる趣味になるでしょう。
26歳は立派な大人です。大人としての振る舞いや行動が取れるための時間を作れるようにしていきましょう。

26歳を心から楽しんで

26歳を心から楽しんで

あなたの意思に関係なく年は取っていくものです。それを直に感じる時期が26歳からの、いわゆる20代後半の世代です。
年は取っていくのに心はついていけない、というギャップに悩まされるこの年代は、時にネガティブな気持ちになってしまいます。
しかし、少しだけあなたの時間をポジティブなことに使うことで、その後の人生はみるみる変わっていきます。
仕事への向き合い方はもちろん、資格や趣味などにも力を入れてみた人と、ただ「26歳だ…」と落ち込んで何もしないでいる人とでは将来大きな差が生まれるでしょう。

20代後半であることをゆっくり認めていきながら、「今の私には何ができるだろうか?」と考えを止めないことで、あなたの30代は思っている以上に輝いているはずです。【人生設計】仕事と結婚どっちが大事など気持ちをポジティブにすることが最も大事です。

ご自宅から、外出先からも、今すぐ占いができるオンライン占いがオススメです!

関連記事