ブログBlog

【転職を迷っている】転職するべきか今の仕事を続けるべきか占う

ブログアイキャッチ22319

転職すべきか残るべきか悩んでいるあなた

「上司とウマが合わなくて…」
「新しい職種にチャレンジしたい」

転職は以前よりもメジャーなものになってきており、高収入を目指したい人やスキルアップしたい人は積極的に転職活動を行えるようになりました。

しかし実際に転職活動をしたいと思っても、なかなか勇気が出ないという人も多いのではないでしょうか。
今回は転職したいけれど、するべきか悩んでいる人、タイミングがわからない人に転職のメリットや転職のコツなどを解説していきます。

転職活動をすることで得られるメリット

・ノーリスクで転職市場を知ることができる
現職を頑張りながら、転職サイトに登録して転職活動を行なっている人は多いです。
転職活動をしているからといって、すぐに現職を辞める必要はありませんし、転職活動をしていると公言しなければ会社にバレることもありません。
実際にどんな職種や業種で募集があるのかなど、転職市場のトレンドなどをあらかじめ見ておくことで企業がどんな人材を求めているかが分かるため、現職でどう成果を出せば転職しやすくなるかを知ることができます。

転職を少しでも考えている人は一度転職サイトに登録してみることをおすすめします。

・自分の現状のスキルや能力を知ることができる
転職サイトに登録するにあたり、「職務経歴書」を作成しなくてはなりません。その際にあなたは今までどんな仕事をしてきたのか、どんなスキルを持っているのかを把握する必要があります。
把握するには自身を俯瞰して見ることが大切です。普段から具体的な仕事内容、数字から見た実績、貢献したことなどを書き出しておきましょう。
徐々に職務経歴書を整えていくことで、次の仕事ではどういうことがしたいのか、どういうところが即戦力となるのかがわかってくるようになります。

・自身の市場価値がわかる
転職サイトやエージェントを利用することで、仕事のオファーをもらえることもあるかと思います。その際、どういったポジションで、どういった企業からオファーがもらえたかによって、あなたの市場価値を把握することができるでしょう。さらに面接を通じて他企業の人事と話すことにより、自身を見つめ直す機会にもなります。
現職でどう実績を伸ばしたのかを、言葉で相手に伝えるということは普段なかなかできないことです。特に自身の長所は難しいトピックであるため、あなたという商品の良さを普段から把握しておくことが重要です。

いつ転職すればいいのか?ベストなタイミングとは

転職するベストタイミングとは

・内定が決まったとき
転職活動を行い、多くの面接をこなしながら現職の仕事もきっちり行うという、忙しい時期もあるでしょう。そしていよいよ希望の企業から内定をもらったとき、具体的な退職日と入社日を設定しなくてはいけません。
すぐに転職したい気持ちもわかりますが、退職日については現職の仲間に迷惑がかからないようある程度配慮する必要があります。おおよそ2週間~1ヶ月と捉えて現職の人事に相談してみましょう。退職日がある程度固まったら、転職先にいつ入社できるかを知らせるという流れがベターです。

・現職の仕事がひと段落したとき
職種・業種にもよりますが、忙しい時期、落ち着いた時期などシーズンによってあるでしょう。
忙しすぎて仕事が回らない!というときに転職するとなると現職の仲間に迷惑がかかる可能性が高いです。
そのため、転職活動も仕事が落ち着くシーズンの少し前あたりに内定をもらえるようなタイミングでする必要があります。応募して内定を貰えるまでに平均1ヶ月とされていますので、応募するべきタイミングにどれだけ希望する企業に応募できるかが重要です。
常にアンテナを張って、転職市場のトレンドを把握しておきましょう。

ポイント!日頃から仕事を引き継ぎやすいように整理しておく

いつでも仕事を引き継げるように準備しておくこと

チャレンジしたい企業の募集がいつでもあるわけではありません。今本格的な転職活動は難しいけれど、応募してみたいと思う魅力的な仕事があった時のために、いつでも、どのタイミングでも転職できるように日頃から準備しておきましょう。
そのためには、あなたじゃないとわからない仕事をできるだけ減らしておく必要があります。引き継ぎしやすいようにデータをまとめる、常に仕事内容を仲間に共有しておく、など万が一あなたがすぐいなくなったとしても、ある程度は他の社員で回せるような環境を整えておきましょう。

どの仕事が合っている?自分の市場価値を知りたいとき

転職サイトといっても様々な種類のサイトがあります。
例えば高収入を目指すためのハイキャリア専門のサイトや、専門職に特化したサイトなど、あなたの将来をどうしていきたいかによって使い分ける必要があります。
もし漠然と転職を考えているけれど、どんな職種が私に合っているかわからない人はエージェントを通して転職活動をすることをおすすめします。
エージェントは転職のプロです。一度どんなイメージで転職を考えているのかをざっくばらんに話すことであなたの目指すべき方向性が見えてくるかもしれません。

転職後の自分を知りたいときは

転職で全てが良い方向にいくとは限りません。入社してみたもののイメージと違った、やりたい仕事でなかったなど持っていた期待値よりも下がることもありますよね。
そうなる前に、第三者の意見を聞いてみるのも良い方法です。例えば占いであなたの性格に合っている職種はどんなものなのか、【転職成功】占いミザリーさんのアドバイスで成功ですのようにこういう職業ならうまくいくなど、転職のプロの目線ではないまた違った視点からあなたを知ることも大切です。

転職を考えたときに、自分に合った転職先、そして適切な時期はいつなのか、参考の一つに占いを利用してみるのはいかがでしょうか。未来からの予兆判断であなたにとって最適な転職ができるようにお手伝いいたします。オンライン占いなら全国どこからでもご利用いただけます!

関連記事