体験談report

お客様の体験談

【不倫 やめたい】東出昌大と唐田えりかの不倫騒動を考察

占いミザリー体験談

報道される芸能人の不倫騒動

連日、テレビや週刊誌で有名人などの不倫について報道がされています。

記憶に新しいのは、俳優の東出昌大さんと若手清純派女優の唐田えりかさんの不倫関係が話題となりました。女優のさんとは別居中でその原因が不倫関係にあると言うことです。俳優の東出昌大さんからの謝罪分には批判が殺到し、女優の唐田えりかさんにも非難轟々、復帰も難しいのではとも言われています。

そんなに大騒ぎする内容だったでしょうか。
また、不倫って人格否定までされる酷いことでしょうか。

不倫は肯定できるものではありませんが、必ずしも否定できるものでもありません。なぜなら、好きになることは人間として自然なことであり、ここに正直に向き合うべきだと思うからです。それが当人の間柄に近い人ならともかく、テレビの向こうの赤の他人になぜ糾弾されなければならないのでしょうか。はっきり言って余計なお世話だったと思います。人の干渉する前に自身のこと、あるいは将来について考えた方がよほど生産的です。不倫を擁護する訳ではなく、相手に傷つけてしまう婚姻関係においてけして許されるものではないと思います。

しかし、あくまでも二人の問題です。または、そのご家族の問題であり、私たち第三者が物申す内容ではありませんでした。

「好きになる」は自然のこと

男女関係は日々の出会いの中で、気持ちが変わる時があると思います。それは、誰しもあることで、それが人間として自然だと思います。その延長線にあるのが、不倫、浮気ですが、その先に言ってしまったのなら仕方ないことです。

もし、そのようになった場合、周りから非難されるかもしれませんが、あくまでも最後の責任をとるのは、事を犯してしまった自分となります。周りは好き放題言うだけで、責任については知らんぷりです。そこで、責任をとるとは重い感じがしますが、実にシンプルです。

それは、

「法に従って所定の事務処理をする」

たったこれだけです。

話し合いに時間やお金がかかると思われがちですが、事務処理が難しければ、専門の方にお願いすればいいのです。

「好き」の気持ちは本人にしかわからない

「好き」の感情は、当人にしかわからないこと。それに人を好きになることは、内容はどうであれ、まずは素晴らしいことです。

恋愛はしたいときにできるものではありません。ただ、結婚、恋人がいる場合、相手もいることですから、相手への配慮は大切です。絶対に傷をつけてはいけません。
その上で、

・不倫または浮気の場合、相手には絶対に知られてはだめ
・万が一ばれてしまった場合は、相手にしっかりと謝罪をする
・最後は法に従って手続きをする

最後に繰り返しますが、不倫は肯定しませんが否定もしません。ただ、あなたの人生なのですから好きなように生きればいいのです。

まとめ

不倫は相手がいることなので決して肯定できるのではない。しかし、必ずしも否定できるものでもない。特に第3者において。自分の気持ちに正直になると同時に責任の取れる範囲で。

不倫の悩みは友人や知人に相談しにくい悩みです。また、専門家で解決できる悩みでもありません。なぜなら、あなたのことはあなたにしかわからないのですから。

もし、誰にも相談ができずに、どうしても解決ができない場合は、占いミザリーに話してみてください。私たちは全員女性占い師ですのでどんな内容でも安心してお話しいただけます。

関連記事