ブログBlog

離婚するならいつがいい?タイミングはいつがベスト?

ブログアイキャッチ22331

離婚するベストタイミングっていつ?後悔しないために考えたいこと

「離婚」は人生において大きな分岐点。
離婚を意識している人のなかには「いつ離婚したらいいの?」という悩みや「本当に離婚して後悔しない?」なんて不安を抱えている人も多いでしょう。

今回は、離婚するのに適したタイミングや、離婚後に後悔しないために今考えたいことを解説します。

離婚のタイミングは夫婦によってそれぞれ


離婚する具体的なタイミングを知る前に、まず理解すべきことがあります。
それは「離婚に適したタイミングは夫婦や状況によって異なる」ということ。
離婚理由や子どもの有無、経済状況などは夫婦によってそれぞれ違うため、離婚を考える全ての夫婦に当てはまるベストタイミングは存在しません。
離婚するタイミングに悩んだときは「いつ」という時期だけを意識するのではなく、離婚にまつわる「問題や心配事」に注目して時期を探ると、ベストなタイミングが見えてきます。

希望のタイミングで離婚できない可能性も考えておこう

中には「このタイミングで離婚したい!」と明確な希望がある人もいるでしょう。
希望のタイミングを決めることは計画的な行動にも繋がり、悪いことではありません。
ですが、離婚は自分1人でできるものではなく、相手の合意ありきで成立するものなので、頭の片隅には「希望のタイミングで離婚できない可能性」も留めておいてください。
希望のタイミングが叶わなかったケースを想定しておくことで、予想外の事態が起こっても判断に迷いにくくなり、柔軟な対応ができます。

離婚に適したタイミングの目安


離婚するタイミングは、一体いつが最適なのでしょうか?
ここでは、離婚に適したタイミングの目安を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

一人で生活できる目途が立ったら

離婚後、自分一人の力で生活できる目途が立っているなら、離婚してもいいタイミングと判断できます。
離婚するということは、自分の力だけで生きていくということ。
それにはお金はもちろんのこと、精神的強さも必要です。
時には、親や子どもが助けてくれることもあるかもしれませんが、他人の助けはあくまで厚意であり強要できるものではないため、期待しすぎるのはよくありません。
離婚のタイミングを計る際は、離婚後の生活を考え、できるだけ心配事を減らしておくことが大切です。

子どもの成長に合わせて

子どもがいる場合は、子どもの成長と離婚するタイミングを合わせてもいいでしょう。
たとえば、まだ子どもが小さいなら、早いうちに離婚するのも一つの手段です。
反対に、子どもがナーバスになりやすい思春期や受験シーズンに突入しているなら、時期を遅らせるという方法もあります。
子どもがいる家庭にとって、離婚は夫婦だけの問題ではなく、子どもにも影響を与える問題です。
大人の気持ちや事情だけを優先するのではなく、子どもの立場に立ってタイミングを探ってくださいね。

DVがある場合は今すぐ!

モラハラやDVなど、心身に危険が迫っている場合は、じっくりタイミングを探るのではなく、できるだけ速やかに離婚する必要があります。
タイミングを探しながら我慢する生活を送るうち、心や体に取り返しのつかない傷がついてしまう危険性があるためです。
離婚後の生活に不安がある場合でも、DVシェルターに相談すれば力を貸してもらえます。
DV夫に面と向かって離婚を切り出すと暴力の被害に遭う可能性もあるため、まずは夫と別居し、それから離婚の意思を示しましょう。

離婚を後悔しないために考えたいこと


離婚したいと思いつつ「本当に離婚してもいいのか?」と悩んでしまう人は少なくありません。
ここでは、離婚してから後悔しないために、今考えるべき3つのことを解説します。

離婚以外に取れる手段はないのか

一度落ち着いて、離婚以外に取れる手段はないのか考えてみましょう。
「離婚したい!」と思うあまり、離婚以外の選択肢が見えなくなっている可能性もあります。
話し合う機会を設けてみたり、別居してお互い冷静になる期間を作ったりすることで、離婚の危機を乗り越えられるかもしれません。

離婚した後の生活基盤は整っているか

離婚後の暮らしを具体的に想像し、問題なく生活が送れそうか考えてみましょう。
特に、生活するのにお金は必要不可欠なので、お金や仕事についてはよく考えなくてはいけません。
安易に「離婚後は、慰謝料や養育費があるから大丈夫!」と信じるのは危険です。
離婚後の生活に不安がある場合は、どうすれば不安を取り除けるかを考え、行動してみてください。

メンタルは安定しているか

本当に離婚してもいいのか?と悩んだときは、自分を客観視して気持ちが落ち着いているかを確かめましょう。
気持ちが揺れているなかで焦って答えを出すと誤った判断に繋がりやすく、後悔を生みます。
離婚という問題を前にして落ち着くのは難しいことかもしれませんが、正しい判断をするためにも、意識して気持ちを安定させてください。

本当に離婚してもいいのか?よく考えて行動しよう


「離婚のタイミング」や「離婚して後悔しないか」について、完全な正解はありません。
だからこそ、離婚について考える際は「自分を信じること」が何よりも大切になります。
自分の本音に耳を傾け、どうすればいいのかを考えることで、後悔しない答えが見えてくるはずです。

離婚に関することはなかなか、人に相談できないものです。特に男女間における悩みについては、一人で悩まずに人に話してみることで心が楽になります。そんな時は、第3の場所として占いミザリーで話してみるのはいかがですか。相手の男性がどのようなことを考えているのか非科学的な占いで占ってみませんか。


LINEから予約で、
鑑定料金1,000円割引。

友だち追加

関連記事